複利効果を活かす投資

複利効果を活かす長期投資

複利の力を活かすには、

 

長期投資をすることが大切です。

 

 

 

 

たとえば、100万円を年率10%で運用した場合に、
この100万円の30年後の価値は、複利運用していなければ400万円ですが、複利運用をすれば1,744万円になります。

 

 

 

これは元本が雪ダルマ式に増えるので時間をかければかけるほど急勾配で資金は増えることになります。

 

 

 

そして更に、途中利益を現金化しないメリットとして、
投資コストを最低限にとどめられるという副産物を生み出すことができます。

 

 

 

100万円を年率10%で10年間運用したとします。

 

 

現金化した時の換金時の所得税率が20%とした場合に、
複利運用した時の10年後の手取金額は221万円になります。

 

 

 

しかし年に1回売却をして購入し直した場合には、
159万円にしかならず、売却時する度に税務署へ税金を支払い、購入し直す時には、
その都度証券会社へ購入手数料を支払わなければならないからです。

 

 

 

日本の投資風土として、
短期的に売買を繰り返す短期投資のスキャルピングが流行っている背景には、国税局と証券会社が関係しているのかもしれません。

 

 

 

 

複利とは少しはなれますが、別のメリットとしての長期投資があります。

 

 

 

人間は、自分にとって良い成果を早く楽に欲しがるという性質を持っています。

 

それは、性格や考え方によるものではなく、人間の持つ怠け者という本性からくるものです。

 

物世の中は、その本性を制御できる人には、できない人に比べ、より大きな成果が与えられるようにできています。

 

 

それは、長期投資は長期投資は分散されたポートフォリオのリスクを減らすという性質をもつからです。

 

 

投資でリスクを回避するには分散投資が必要です。

 

どんな時代の分散投資でも、
長期的に続けることで平均的な収益率に回帰することは、統計学的に証明されています。

 

 

 

しかし、間違えた投資手法を用いたり、価値のない投資対象に投資していたりしたら、
どんなに時間をかけても結果は悪くなる一方なので、その点は十分注意をするのは当然のことです。

 

 

 

 

 

こちらも余談になりますが、複利効果は全ての金融商品にあるわけではありません。

 

金融商品の種類、方針、設計などによって、複利効果の得られやすいかどうかがわかります。

 

 

たとえば、配当頻度が低いものほど複利効果は大きくなります。

 

最近は毎月分配型の商品に人気が出ているようですが、複利の面から考えると、
こういった商品はお薦めすることはできません。

 

毎月分配されることで、税金分だけ債投資の金額が減ってしまうためです。

 

また、再投資をせずに現金化してしまう傾向にあります。